勉強道具

Calibreで作ったPDFの余白が大きいので2つの消す方法を試してみた

Kindleの本をCalibreでPDF化:日本語教育能力検定試験と英検1級の参考書をKindleからPDFにしてみた」でKindleからのPDF化は成功した。

だけど余白が多い〜

勉強もせずに余白の消し方を探してみました。

ほんと、要領悪くて嫌になっちゃう。

Adobe Acrobat Readerの印刷画面からPDFのサイズを変更して新しいPDFを作る

①プリンターを選ぶところで、「Microsoft Print to PDF」を選択。

②カスタム倍率を変更

私は内容全体とページ数だけが分かればいいので、149倍にしました。

ギリギリ。というかちょっとはみ出てるくらい。

③: ◀▶矢印を押して印刷プレビューを確認

ページが変なところで切れていないか、余白が大きすぎないかをここで確認。

自分の好みのサイズじゃなかったら、手順2に戻って、倍率を変更してください。

④: 印刷を押すと倍率が変わった新しいPDFの出来上がり

めっちゃ簡単にPDFの中身が大きく表示できました。

目次の表示がなくなりました。そのため、好きなところをここに本文を入力つまみ読みするのが難しくなりました。

 

CalibreでPDF化する時に余白を消してしまう

やっぱり目次機能がほしい!

参考元Calibre で .awz3 ファイルを PDF に変換する際の余白設定

午前中ずっとかかって、作ったPDFの余白を消すために頑張っていたのですが、目次機能が消えるのはつらい。

参考にしたサイト様」の通りにしたらすんなり余白が消せたのでご紹介します。

Calibreを開いて「設定」を選択

2ヶ所の設定を変えるだけでオッケーでした!

①「共通オプション」を選択

左側の一覧から「ページ設定」を選ぶ→

  • 出力プロファイル: 「Tablet」を選択
  • 入力プロファイル: 「Default Input Profile」(私のPCではDefault Profileになっていました)を選択
  • 余白: 全て「 0.0 ポイント」に変更
適用を押す。

②次に設定の「出力オプション」を選択

左側の一覧から「PDF出力」を選ぶ→

  • 「出力プロファイルに設定された紙面サイズを使用」にチェック?◉をいれる。
  • 「変換するドキュメントのページマージンを使用」のチェックをはずす
  • ページマージン: 全て 「0.0 pt」に変更

適用を押す。

あとはPDFにしたいファイルを選んでPDFに変換するだけです❤️

一括変換でも大丈夫でしたよ!

最後に

まだまだ余白大きいな。と思うこともありますが、一括でできたので大満足です。

  • KindleからPDF化が出来るようになった
  • PDFの余白も消せた

あとは2月19日の「日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第5版」の発売を待つのみです。

4版のままじゃだめなのかな〜?

という疑問はさておき、英検の勉強もいい加減しないと。

12月末から始めたパス単1周もちゃんとできてない💦

やばいよー💦